<< SCSブログを表示

パリレンを用いてUAVエレクトロニクスの耐久性を向上

2022年10月7日

無人航空機 (UAV) とは、リモートコントロールまたは搭載コンピューターにより操縦される航空機です。無人航空機システム (UAS) を構成する3つのコンポーネント(UAV、地上コントローラー、通信システム)の中で、UAVは不可欠な要素です。

UAVはドローンとも呼ばれ、軍事任務にしばしば使用されています。その性能をガイドするエレクトロニクスアセンブリは苛酷な条件下で動作するため、システムの耐久性は必須条件です。有人航空機とは違い、UAVはしばしば、人間にとって「苦痛すぎる/汚すぎる/危険すぎる」任務によく使用されます。防衛用途の他、UAVの用途は今や農業や商業、レクリエーション、科学用途にまで広がっており、航空写真や農業管理/生産の支援、ドローンレース、警備/監視、物品配達に利用されています。民生用·商業用ドローンは数百万台が販売されており、UAV市場の中で大きな割合を占めています。

UAVは、次のような様々な使用条件にさらされ、いずれもコンポーネントの耐久性向上が求められています。

  • 戦闘任務では、UAVの攻撃能力を使用して高リスクの無人航空戦闘を行う。
  • 偵察任務では、戦場の情報を取得する。
  • ロジスティクス任務では、荷物を送達する。
  • 標的/おとり任務では、敵の航空機やミサイル、地上および空中の銃砲のシミュレーションとしてUAVを標的として使用する。
  • 研究開発任務では、R&D資源として現役のUAVを使用し、UAV技術を改善する。
  • 民生用·商業用UAVは、農業用、航空写真、データ収集などを行う。

UAVの耐久性向上

耐久性を向上させた製品は、極限条件で使用の際に継続的に優れた性能を確実に提供できるよう設計されています。UAVを空中で飛行させるためのプリント回路基板 (PCB) などのエレクトロニクスアセンブリを保護することが、最も重要です。耐久性の向上に成功したUAVエレクトロニクスはMIL-STD-810F仕様に適合します。この規格は、以下のような様々な使用条件下でUAVの機能性能をテストする詳細手順を定めています。

  • 低気圧/高高度
  • 想定外の低温/高温
  • 雨や湿気
  • 衝撃、砲撃の振動、加速
  • その他、様々な難しい使用条件

UAV耐久性向上のためのパリレン

パリレンコンフォーマルコーティングの膜は、超軽量で高信頼性の電気的·環境保護が必要な製品の耐久性を向上させるのに推奨されます。パリレンは、強度と表面弾力性を併せ持ち、重量の増加を最小限に抑えることで、UAVエレクトロニクスに優れた耐久性をもたらします。耐久性向上に関して、パリレンの優れた汎用性に匹敵するコンフォーマルコーティングは他にありません。パリレンはMil-Spec認可を受けており、UAVの機能的完全性と性能を強化するため、50年以上にわたってカスタムの防衛/航空宇宙用途に使用されています。

パリレンは、製造メーカーがMIL-STD-810F基準を満たすために役立つほか、RoHS準拠で、IPC-CC-830要件を満たしており、MIL-I-46058の防衛供給センター認定部品リスト (QPL) にも掲載されています。

SCSパリレンがどのようにUAVエレクトロニクスの耐久性を向上できるかについては、Tim Seifert (317.244.1200、内線0220、またはtseifert@scscoatings.com) もしくは日本パリレン(042-631-8680)までお問い合わせください。

Global Coverage 第92号, 2022年夏号


この問題の詳細: