コンフォーマルコーティングとは一般に、薄くて非導電性の絶縁層であり、汚染や塩霧、水分、カビ、ダスト、腐食による損傷からデバイスとコンポーネントを保護するために使用されます。コンフォーマルコーティングが最初に使用されるようになったのは防衛・航空宇宙分野ですが、この50年ほどで医療機器や民生用エレクトロニクス、輸送機器用エレクトロニクスにもその利用は拡大しています。最近では新しい材料やコーティングプロセスの開発により、世界各地の生産施設において、より大型の製品にもコーティングが可能となっています。

コンフォーマルコーティングにはいくつかの種類があり、それぞれに固有の特性と特長があります。

コーティングのタイプ:

産業分野:

  • 民生用エレクトロニクス
  • 防衛
  • エレクトロニクス
  • 航空宇宙
  • 輸送機器
  • 医療

用途:

  • 回路基板 (PCB) およびアセンブリ品
  • センサー
  • MEMS・ウエハ
  • LED
  • エラストマー部品
  • 医療機器・部品
  • モーター部品

コンフォーマルコーティングの特長

絶縁特性:コンフォーマルコーティングは、絶縁耐力が高く誘電率が低いことから、優れた絶縁特性を提供します。このような特性は、性能の高度化に伴い小型化・高密度化が進む今日のエレクトロニクスにおいて、アーク放電や短絡を防ぐための重要な要素です。

バリア保護:コンフォーマルコーティングは、水分や液体、溶媒、化学薬品の影響による損傷からコンポーネントやアセンブリを保護するために、広く使用されています。

軽量:コンフォーマルコーティングは、厚さにさまざまなタイプはありますが、一般に薄い層 (数ミクロン~数mil) で適用されるため、機械的シールやエンクロージャなどの保護ソリューションに比べてはるかに軽量となります。

デバイスの寿命を延ばす:コンフォーマルコーティングは、早期故障を防ぐことにより、デバイスの信頼性を高め、寿命を延ばし、保証請求や修理に伴うコストを低減します。

始めましょう

  • お客様製品の回路基板やデバイスの設計を、コンフォーマルコーティング保護に最適化するため、開発プロセスの早い段階でSCSにご連絡ください。
  • 経験豊富なSCSエンジニアチームが当社のプロセスをご案内し、ご質問にお答えします。
  • コーティングサービスを初めてご利用のお客様は、十分な情報を得ることにより、プロジェクトに最適の判断を行うことができます。