<< SCSブログを表示

自動車エレクトロニクスの性能と信頼性を高める

2022年10月24日

今日の自動車では、最先端のエレクトロニクスシステムによって制御される機能がますます増加しています。管理機能の例としては、バッテリー管理システム、エンジン制御装置(ECU)、排出ガス制御、燃料システム、フルード監視、照明·パワートレーンメカニクスなどが挙げられ、これらにはしばしば、小型化された多層マイクロ電気機械システム(MEMS)/ ナノパッケージが含まれます。結露や腐食性液体·蒸気、高温、多湿、長期間のUV曝露といった苛酷な車両環境におけるシステムエラーのリスクは、コンフォーマルコーティング利用することで大幅に低減します。

多くのコンフォーマルコーティングが、ある程度の物理的柔軟性を有し、機械的/熱的衝撃に対する保護を提供しながら、同時に腐食性環境からコンポーネントを保護します。自動車用のプリント回路基板やコンポーネント用途に最適のコンフォーマルコーティングを選択する際には、末端の自動車システム環境を理解することが鍵となります。

デバイスやシステムのコスト効率は、長期間にわたって交換や修理なしで作動し続けるソリューションに初期投資を行うことにより、大幅に向上させることができます。アクリルやエポキシ、シリコーン、ウレタンといった液状コーティングは適用がシンプルで、除去·修理·交換が比較的簡単です。これに対してパリレンは特殊な蒸着プロセスであるためプロセスが遅くなることがあり、時にはコストも高くなる場合があります。しかしながらパリレンは気体による成膜であるため、基材表面に深く浸透することができ、多くの自動車用途において最高レベルの保護を行うことができます。パリレンコーティングは自動車用PCBとして優れた基材被覆となり、戦略的に配置された可動部品や関連の電気機械アセンブリに対し、丈夫で超薄膜の保護を提供します。

パリレンコンフォーマルコーティングの自動車利用の拡大

パリレンは絶縁体であり、長期的な表面絶縁抵抗を提供します。これにより以下のような自動車システムの最適な機能が実現できます:

  • ECU
  • バッテリー管理システム(BMS)のエレクトロニクスおよび冷却コンポーネント
  • 自動車システム機能の性能測定解析
  • トルクセンサー
  • アンチロックブレーキ制御
  • 排出ガス管理
  • 計器ポッド回路(IPC)
  • ドア、ミラー、シート、サンルーフ、窓の電源制御/モジュール
  • パワートレーン/シャーシのオペレーション
  • 乗員の快適さ/便利さ
  • タイヤ空気圧ガスケット/シール

PCBや関連コンポーネントは、パリレンポリマーフィルムで保護されることにより、酸性物質や化学汚染物質、電流の変動、湿度、水分、温度変化、およびこれらの組み合わせによる苛酷なオペレーションエコシステムに常時さらされながらも、機能インテグリティが向上します。パリレンは多くのコンフォーマルコーティングよりもはるかに優れた耐化学薬品性、絶縁耐力、耐湿性を提供するため、以下のような様々なの用途で利用されています。:

  • PCB: 現在の新型車に使用されるPCBには約100万行のコードが含まれ、多数のマイクロプロセッサを含む高度な回路を有しています。パリレンコーティングの優れた絶縁特性により、PCBトレースをより密に配置することが可能になり、近隣のエレクトロニクスとの干渉の可能性を低減し、コンポーネントのサイズも縮小できるようになります。 
  • MEMS: 車両のエレクトロニクスシステムで信号処理と通信機能を管理します。マニホールド空気圧(MAP)、マニホールド空気温度(MAT)、パワートレーン/シャーシ制御が、MEMSセンサーにより調節されています。MEMSセンサーはしばしば、高パフォーマンスのアクティビティと応力がかかる部分に用いられるため、そのメンテナンスは、安全かつ効率的な自動車性能を確保するために非常に重要になります。パリレンは、さまざまなタイプのコンフォーマルコーティングの中で、苛酷な自動車環境の有害影響に対して、精細な回路を最もよく保護することができます。 
  • 耐久性向上: 自動車のコンポーネントやシステムの耐久性を向上させることで、BMS冷却液や腐食性のエンジンフルード、高レベルの振動、高温といった環境にさらされる中でパフォーマンスを安定させます。パリレンは、数多くの自動車システムのエンジン内で振動や衝撃/内部干渉にさらされているデリケートなコンポーネントに安定性を提供します。このようなコンポーネントとしては、検知/ドアスイッチ、環境保護モニター、機械的/物理的パフォーマンス計、モーションコントロール、安全性やロッカー機能、触覚機能を調節するコンポーネントが挙げられます。
  • LED: 自動車や輸送機器用途で使用がますます増加しています。パリレンコンフォーマルコーティングはLEDエレクトロニクスの使用寿命を延ばし、性能を向上させ、長寿命を約束します。
  • エラストマー/ポリマーシール: 苛酷な操作条件にさらされることが多いエラストマー/ポリマーシールは、パリレンフィルムによりメリットが得られます。パリレンは使用時の効率強化を促し、機能の向上につながります。

要求度の高いエンドユーザー環境に置かれることが多い自動車用PCBやエレクトロニクスセンサー、および類似のアセンブリは、パリレンコンフォーマルコーティングの適用でメリットが得られます。この超薄膜コーティングは、腐食性のエンジンフルードや副生成物、冬期の融氷剤、機械的振動、有害な排気ガス、温度条件の変動といった苛酷な条件に常時さらされる自動車環境において、パフォーマンスの低下が起こる可能性が大幅に減少します。

自動車の情報テクノロジーや電気システム、エンジンコンポーネントとセンサーといった製品は常に進化し続けており、これらが苛酷な使用環境でパフォーマンスの信頼性を確保するために、ますますパリレンコーティングを頼みとするようになっています。パリレンコンフォーマルコーティングによる自動車エレクトロニクスの保護についての詳細は、1-317-244-1200までお電話で、またはSCSにオンラインでご連絡ください

Global Coverage 第93号, 2022年秋