<< Back to news

SCS、APEXでのコンフォーマルコーティングラインナップを発表

2018年01月24日

(インディアナ州インディアナポリス) – スペシャルティ・コーティング・システムズ (SCS) は、2018年2月27日~3月1日にSan Diego Convention Centerで開催される2018 IPC APEX EXPOのブースNo.2307で、展示を行います。 SCSでは、PrecisionCoat V、PrecisionCoat BT、Omegameter SMD 650、パリレンコーティングサービスを含む、コンフォーマルコーティングラインナップを展示します。

PrecisionCoat Vは、コンフォーマルコーティングの塗布やポッティングプラットフォームで利用でき、製造メーカーに最高の柔軟性と効率を提供します。 SCS PrecisionCoat Vのコンフォーマルコーティングとディスペンスバルブが3軸系に沿ってスムーズに移動し、オプションで完全プログラマブルの第4・第5軸により傾斜と回転の機能も備わっています。 このシステムのマルチバルブ技術により、ドットやライン、面、グロブトップ、スプレーコーティングの適用が可能です。正確さと再現性、高スループットを実現するトータルシステムソリューションをお届けします。また、すべて小さなフットプリントに収容されているため、貴重な生産現場のフロアスペースを最大限に活用できます。

さらに、PrecisionCoat Vプラットフォームのデモで、SCS PrecisionCoatの自動ツールチェンジャー機能がご覧になれます。 この機能は、アクティブなバルブやツールをすばやく装着することが簡単にでき、別のものに交換するのも簡単にできます。 広い作業面積を維持したまま、オペレーター介入なしに同一プログラムで最高5つのバルブを操作することによって、これが可能になっています。
SCSの新しいPrecisionCoat BTは、設定可能なコンフォーマル・コーティングとディスペンス・バルブ (最高2つ) により、材料をコーティングします。このディスペンス・バルブは、精度±0.0001″ (0.003 mm)、再現性±0.003″ (0.08 mm) のコマンド設定で、3軸 (x、y、z) 方向に動きます。 このシステムは、製造現場や研究室での手作業プロセス自動化や生産力拡大をお考えの製造メーカーに理想的です。

Omegameter SMD 650は、ソフトウェア制御による次世代のOmegameter清浄度検査システムです。 このシステムは、単体および組み立て済みも含め、プリント回路板などの電子部品のイオン汚染の存在を検出し、現場の清浄度を判定する正確かつ再現性のある方法を提供します。 このシステムはANSI/J-STD-001およびIPC-TM-650などの現行の産業用仕様に準拠しており、さらに、MIL-STD-2000Aなどの過去の軍用仕様にも準拠しています。

APEXのSCSブースでは、パリレンコーティングサービスとテクノロジーについての展示が行われます。 SCSは、世界20か所のコーティング施設を擁し、エレクトロニクス、自動車、医療機器、防衛産業向けに45年以上にわたって蓄積されたコーティング・適用の経験を生かし、パリレンコンフォーマルコーティングのサービスと技術をお届けする世界的リーダーです。

SCSとその製品、またAPEXブースでのミーティングご予約について、詳しくはSCS (+1.317.244.1200) までお電話で、またはwww.scsequip.comをご覧ください。

スペシャルティ・コーティング・システムズ (SCS) について
45年以上にわたる実績と世界中の拠点を有するSpecialty Coating Systems (SCS) は、パリレン・コンフォーマル・コーティングとテクノロジーの世界的リーダーです。 コーティングとその適用に豊富な経験を有するSCSは、自社で設計・製造する業界最先端のシステムにより、あらゆるお客様のプロジェクトをお手伝いします。 コンフォーマル・コーティング・システムやディスペンシング・システム、硬化システム、イオン汚染試験システムなどのSCSの装置は、大学や研究所で使われる小規模なものから、大容量の量産用装置まで幅広くラインアップしています。 製造と品質に対する厳しい要求に応えるため、SCSは積極的に試験および検証、マニュアル化、プロセス最適化を進めており、これによって産業の最先端を走るお客様が最小の負担で安心してお使いいただくことができることを目指してまいります。 SCSについての詳細は、www.scscoatings.comをご覧ください。