<< すべてのニュースを表示(英語)

スペシャルティ・コーティング・システムズがイノベーションで業界をリードし続けてきた50年を祝う

August 30, 2021

2021年8月30日(インディアナ州インディアナポリス)- パリレンおよび液体コンフォーマルコーティングのサービス・技術の世界的リーダーであるスペシャルティ・コーティング・システムズ(SCS)は、創立50周年を迎えます。

Nova Tran Corporationがウィスコンシン州クリアレークで法人登録を行ったのは1971年8月のことでした。Nova TranはUnion Carbide Corporation(UCC)からパリレンコーティングの技術ライセンスを取得した最初の企業の1つであり、パリレンの商業的成功で高い評価を得ています。Nova Tranは後にUCCにより買収され、さらに他の数社との合併により、スペシャルティ・コーティング・システムズが1991年に誕生しました。  クリアレークにあるNova Tranの最初の事業拠点は、今もSCS最大のコーティングセンターとして稼働しています。

過去50年間にわたってSCSは、コンフォーマルコーティング業界でイノベーションとリーダーシップの伝統を確立してきました。イノベーションの中心的な存在としてSCSが開発してきた製品とテクノロジーには、例えばハロゲンフリーのParyFree®コンフォーマルコーティング、パリレンHT®、AdProシリーズの接着テクノロジーが挙げられます。SCSは世界中で、医療機器、エレクトロニクス、交通、航空宇宙・防衛などの分野にわたる何千社ものお客様に、業界トップクラスのコーティングサービスを提供しています。

SCS社長兼CEOのTim Benderのコメント:「SCSはこの50年間にわたって目覚ましい成長を遂げ、事業を世界的に拡大し、製品をお届けしてきました。この記念すべき50周年は、高品質の製品とサービスを世界中のお客様にお届けするという当社社員の取組みの証です。イノベーションとリーダーシップの伝統の上に構築されたSCSは、『お客様の技術革新と成功をお手伝いすることによって、世界中で信頼されるコーティングパートナーとなること』という当社のビジョンにフォーカスを置き、これからも成長を続けて参ります」。

現在、SCSは世界中に20か所(南北アメリカ9か所、アジア7か所、ヨーロッパ4か所)の最先端コーティング施設を擁しています。

SCSについての詳細は、www.scscoatings.comをご覧ください。

スペシャルティ・コーティング・システムズについて

米国インディアナ州インディアナポリスに本社を置くSCSは、パリレンコンフォーマルコーティングのサービスとテクノロジーの世界的リーダーです。パリレンを最初に開発した会社の後継企業であるSCSは、約50年にわたる実績と専門知識を有し、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア全域にわたるコーティング施設拠点を通じてお客さまに貢献しています。同社ではまた、スプレーコーティングやスピンコート、ディップコーティングシステムなどの業界トップの液体コーティングシステム、およびイオン汚染試験システムも提供しています。SCSについての詳細は、www.scscoatings.com をご覧ください。