パリレンの歴史

パリレンの歴史

パリレンに関するスペシャルティ・コーティング・システムズの歴史と専門知識は、その技術の適用範囲と同じくらい、多岐にわたります。 パリレンは、Michael Mojzesz Szwarcにより1940年代後半に初めて発見されました。この発見なくして、SCSがパリレンコンフォーマルコーティングとコーティングサービス、そしてパリレンエンジニアリングのリーダーとして、技術的な成功と用途ソリューションを確立することはできなかったでしょう。

1人の化学者、Michael Mojzesz Szwarcがパリレンを世に放った。

1947年、Michael Mojzesz Szwarcは戦争による東ヨーロッパの被害を逃れ、英国マンチェスター大学の物理化学教室で研究者としてのキャリアをスタートさせていました。彼は、個々の化学結合の強度に対する関心から、炭素がベンゼン環に直接結合する際の、脂肪族の炭素-水素結合の種類の研究を開始していました。実験で、これらの基を有する最も単純な化合物であるトルエンとキシレン (オルト、メタ、パラ) を、気体として非常に高温に加熱しました。Michaelはその分解生成物と分解速度を、温度の関数として追跡しました。

p-キシレンが初めて注目された。

p-キシレンの場合にのみ、熱分解領域下流のガラス装置に達する低温の部分に茶色い沈着が形成されており、器具を解体してみると、薄くて脆い管状の物質、「小さなヘビの抜け殻」状のものを取り出すことができました。Michael Mojzesz Szwarcは、これがp-キシレンの特殊な重合反応によってできた生成物であると正しく推論しました。

結果の先を見据える。パフォーマンス特性に注目する。

プロジェクトの目的より一歩先を行く観察力を持った研究者 Michael は、この新しいポリマーの持つ優れた物理的・化学的不活性さに気づき、これが何かの役に立つのではないかと考えました。Michaelの「ヘビの抜け殻」こそが、世界初の蒸着ポリ・パラ・キシリレン (PPX) でした。この純粋な無色の形態は、今日私たちが扱っているパリレン Nと呼ばれる物質です。

プラスチック分野の成長と共にポリ・パラ・キシリレンの用途研究が始まる。

1940年代の Michael Mojzesz Szwarcによる発見当時は、若く成長一途のプラスチック産業が、より良い熱安定性を有する新しいポリマーを追求していました。Michaelの観察結果は、英国のI.C.I.、米国のDuPont、Kellogg、Polaroidなど数多くの企業研究所の活発な研究活動を引き起こしました。

数年後、Union CarbideのWilliam Franklin GorhamがPPXを製造する工業的蒸着重合 (VDP) プロセスの供給原料として、反応性パラ・キシリレンの非常に安定なダイマー、ジ・パラ・キシリレン (DPX)、または [2.2] パラ・シクロファンを用いることを提案しました。Gorhamは、p-キシレンから製造するよりもずっと穏やかな条件で、DPXから純粋な形で定量的に必要な反応中間体を製造できることを示しました。Gorhamによる提案の卓越性は気体の副生成物がないことであり、これは現在知られている他のすべての方法によるPPX製造の特徴となっています。

Gorhamの提案での問題は、DPXが当時、化学的な興味でしかないことでした。Szwarcの「ヘビの抜け殻」に含まれる不純物として分離されたものであり、1949年にはその特性のためごくわずかな量しか得られていませんでした。その独特のねじれ構造が学術界の関心を集め、すぐに、従来の合成方法の問題の解決が、1951年、U.C.L.A. のDonald Cram (1988年ノーベル賞受賞) の研究室で報告されました。しかし、Gorhamの提案が商業的に可能なプロセスと認められるまでには、Union Carbideでさらに多くの研究が必要でした。

パリレンは1965年に商業化された。

1965年2月17日、GorhamとUnion Carbideの研究がターニングポイントを迎え、新しいポリマーコーティングシステムの利用が可能になったことが発表されました。「パリレン」とは、新しいポリマー群と、そのユニークな真空適用方法の両方を意味する用語として使用されました。知られている限り、Union Carbideでは20種を超えるパリレンが開発されましたが、さまざまな理由により、そのうち3種だけが商業的に実用可能であると見なされました。

商業化とSCSの歴史。

1971年以前 – William F. GorhamがUnion Carbideと共同で、商業的に実用可能なパリレンのプロセスを開発。

1971 —  Nova Tran Corporationがウィスコンシン州クリアレーク市に設立。 Nova Tran は Union Carbide から ライセンスを受け、世界初のパリレンサービスプロバイダとなる。

1984 — Nova Tranの成功とパリレン事業の発展により、Union Carbideは自社によるパリレン事業の商業化を実現するため、Nova Tranを買収。

1991 — Union Carbideがパリレン開発に関する全情報と全特許を、新たに設立したスペシャルティ・コーティング・システムズ(SCS)に移行。

1994— Cookson Electronics が Union Carbide から SCS を買収。

2005 — Bunker Hill Capital L.P. が、SCS を独立した民間企業とするため、SCS を Cookson Electronics から買収。

2008 年 民間の長期投資管理会社 Berwind Corporation が SCS を買収。

2016 年 – 高品質材料・製品・サービスの国際的サプライヤーであるKISCO株式会社が、スペシャルティ・コーティング・システムズを買収。パリレン業界で著名な2つのブランドが統合されたことで、この合併パリレン企業は、KISCOグループの一員であるSpecialty Coating Systemsとしてグローバルに事業を展開し、これまで63年間にわたり蓄積されたパリレンの経験と実績という財産を基盤として邁進している。