<< すべてのニュースを表示(英語)

スペシャルティ・コーティング・システムズ、EV EngineeringのCHARGEDバーチャルカンファレンスに登場

2022年3月24日
Brent Frizzell

2022年3月24日 (インディアナ州インディアナポリス) – スペシャルティ・コーティング・システムズ (SCS) は、2022年4月4日 (月) 9:30 a.m.(米国東部時間) に、EV EngineeringのCHARGEDバーチャルカンファレンスに登場します。Brent Frizzell (エレクトロニクス・輸送機器市場マネージャー) が、「エレクトロニクスシステム設計: 適切な保護コンフォーマルコーティングの選択」と題するセッションで講演します。

EVシステムの設計段階の早期から適切な材料を導入することが、コストと設計の最適化に役立ちます。一般的な問題のひとつが、車両のエレクトロニクスやプリント回路基板、センサー、部品などを、水分や短絡、腐食などに対して保護することです。OEMとTier 1の製品設計者は、こういった現実世界の課題に対処し、車両システムを最適化するために、コンフォーマルコーティングに注目しています。このセッションは、さまざまなコンフォーマルコーティングについて知り、製品設計と初期設計テストのために最適の材料を選択するのに役立ちます。

Frizzellは、産業用センサーと工場オートメーション市場において10年近くの経験を有しており、ローズ・ハルマン工科大学において化学工学専攻で学士号を取得しています。

バーチャルカンファレンスの詳細や登録は、https://chargedevs.com/sessions/をご覧ください。

SCSは、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各地にコーティング施設を擁し、コンフォーマルコーティングのサービスとテクノロジーをお届けする業界リーダーです。SCSについての詳細は+1.317.244.1200までお電話で、またはwww.scscoatings.comをご覧ください。

スペシャルティ・コーティング・システムズについて
インディアナ州インディアナポリスに本社を置くSCSは、コンフォーマルコーティングのサービスとテクノロジーの世界的リーダーです。パリレンを最初に開発した会社の後継企業であるSCSは、50年にわたる実績と専門知識を有し、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア全域にわたるコーティング施設拠点を通じてお客さまに貢献しています。同社ではまた、スプレーコーティングやスピンコート、ディップコーティングシステムなどの業界トップの液体コーティングシステム、およびイオン汚染試験システムも提供しています。SCSについての詳細は、www.scscoatings.comをご覧ください。