<< すべてのニュースを表示(英語)

Specialty Coating Systems ウェビナー:「苛酷環境におけるIoTセンサー向け先進コーティングテクノロジー」

July 9, 2020

2020年7月9日(インディアナ州インディアナポリス) - スペシャルティ・コーティング・システムズ (SCS) は、2020年8月4日 (火) 2 p.m.(米国東部時間) にウェビナーを開催します。「Advanced Coating Technologies for IoT Sensors in Harsh Environments (苛酷環境におけるIoTセンサー向け先進コーティングテクノロジー)」と題するこのウェビナーは、テクノロジー担当バイスプレジデントRakesh KumarとマーケットセグメントディレクターAaron Thomas が講師を務めます。ウェビナーの登録は scswebinars.com で受け付けています。

Dr. Rakesh KumarAaron Thomas

Dr. Rakesh Kumar と Aaron Thomas

インテリジェントなIoTデバイスの昨今の急成長により、エレクトロニクスの高度な保護のニーズが高まっています。消費者向けウェアラブル機器 (スマートウォッチ、フィットネストラッカーなど) には最先端の気圧センサーや温度センサー、高度センサーが使用されており、作業者安全のために最先端の産業用センサーもしばしば使用されています。このようなテクノロジーには、さまざまな種類の気体や湿度、化学物質の侵入を防ぐ高レベルの保護が必要となります。

このウェビナーでは、パリレンコーティングの概要と、さまざまな業界にわたる保護利用、特に「スマート」センサーやIoT機器における使用に焦点を合わせて紹介します。また、パリレンのユニークな特性とメリットについても概観します。

Dr. Kumarは、ポリマー材料と、その医療・エレクトロニクス・半導体分野での応用について、29年以上にわたる豊富な経験を有しています。インドにおいて有機化学専攻で博士号を取得した後、英国UCLにおいて高分子化学専門で博士研究員を務めました。

Aaron Thomasは、スペシャルティ・コーティング・システムズのマーケットセグメントディレクターです。SCSのグローバルマーケットセグメント戦略およびイニシアチブの開発と調整を担当するリーダーです。製品管理、販売、マーケティング分野で25年以上にわたる多様な経験を有しています。パデュー大学で理学士号、バトラー大学でMBAを取得しています。

SCSは、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各地にコーティング施設を擁し、パリレンコンフォーマルコーティングのサービスとテクノロジーをお届けする業界リーダーです。SCSについての詳細は+1.317.244.1200までお電話で、または www.scscoatings.com をご覧ください。

スペシャルティ・コーティング・システムズについて

インディアナ州インディアナポリスに本社を置くSCSは、パリレンコンフォーマルコーティングのサービスとテクノロジーの世界的リーダーです。パリレンを最初に開発した会社の後継企業であるSCSは、45年以上にわたる実績と専門知識を有し、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア全域にわたるコーティング施設拠点を通じてお客さまに貢献しています。同社ではまた、スプレーコーティングやスピンコート、ディップコーティングシステムなどの業界トップの液体コーティングシステム、およびイオン汚染試験システムも提供しています。SCSについての詳細は、 www.scscoatings.com をご覧ください。