パリレンの蒸着プロセス

パリレンの蒸着プロセス

パリレンコーティングは、専用の真空蒸着装置を用い、室温にて実施されます。 パリレンポリマー蒸着は分子レベルで行われ、フィルムは基本的に分子単位で「成長」します。

  • ダイマーと呼ばれる固体の顆粒状原材料を真空下で加熱すると、気化してダイマー気体となる。
  • この気体が熱分解してダイマーが開裂し、モノマー形態になる。
  • 室温の蒸着チャンバ内で、このモノマー気体がすべての表面で重合し、薄く透明なポリマーフィルムが形成される。

パリレンは気体として蒸着されるため、コーティングは多層コンポーネントの割れ目や狭い部分にも容易に入り込み、完全かつ均一なカプセル化を実現します。 ポリマーコーティングの最適な厚さは、望まれる機能とコーティング特性によって決定されます。 パリレンコーティングは数百オングストロームから数mil(1 mil = 25.4ミクロン)まで、幅広い厚さに対応することができますが、典型的な厚さはミクロン単位です。

parylene-deposition-process

パリレンコーティングプロセスに影響を与える要素

パリレン蒸着プロセスの重要な構成要素は、上述の化学プロセスだけではありません。もうひとつは「職人芸」です。 パリレンコーティングの職人芸は、長年にわたって開発された高い専門技術と洞察力であり、パリレンの保護性能を実現する匠の技です。 SCSの「職人芸」は、コーティングの性能に影響を与え得るさまざまな要素を完全に理解し実施することだけではなく、最終的にお客様のご満足を頂くこと、また成功への一助となれることを意味します。

基材

パリレンの密着性を最適化する目的で、金属、プラスチック、エラストマー、ガラス、紙などさまざまな種類の基材に対して、パリレンコーティングの前にA-174 シラン溶液による処理が行われることがあります。 例えばよく磨き上げられた金属基材やポリマー基材などでは、パリレンの密着性に問題が生じることが過去に起こっています。パリレン開発の最前線として、SCSでは新しい密着促進テクノロジーを導入し、このような数々の問題を解決しています。

基材の清浄度

基材に対するパリレンの密着性は、清浄度によって大きく左右されます。基材の構成要素だけではなく、粒子や加工用オイル、人体の油脂などは、パリレンの密着性とパフォーマンス、信頼性に影響を与えます。コーティングの前工程から業界トップクラスのクリーンルーム環境整備まで、SCSではこの重要分野において、広く認められる標準とプロセスを確立しています。

基材の準備

パリレンの特性のひとつが、多層や割れ目にも深く入り込み、すべての表面をコーティングする能力です。従って、チャンバ中にある表面はすべてパリレンが蒸着されてしまいますので、コーティングすべきでない領域には作業者が注意深く保護またはマスキングを行います。SCSは40年以上にわたる基材準備とコーティングの経験を有しており、複数基材の最適固定方法やマスキングテクニック、接触点を減らす技術など、幅広く対応できます。

再現性のあるコーティングプロセス

熟練したスタッフと業界トップの蒸着システム、厳格な品質管理システムを備えたSCSでは、大量生産でも小規模のエンジニアリング用サンプルでも、お客様のニーズに厳密にお応えするべく、確実にパリレンコンフォーマルコーティングをお届けいたします。