<< すべてのニュースを表示(英語)

スペシャルティ・コーティング・システムズが、明日の先進テクノロジーのためのコンフォーマルコーティングにおける開発について、ウェビナーを開催

2019年06月20日

2019年6月20日 (インディアナ州インディアナポリス) - スペシャルティ・コーティング・システムズ (SCS) は、2019年6月25日 (火) 2 p.m.(米国東部時間) より、「Developments in Conformal Coatings for Tomorrow’s Advanced Technologies (明日の先進テクノロジーのためのコンフォーマルコーティングにおける開発)」と題するウェビナーを開催します。

SCSシニアポリマー化学開発者のDustin Englandと医療市場マネージャーのDick Molinが講師となるこのウェビナーは、パリレンのユニークな特性とその蒸着方法、接着テクノロジーの進歩、パリレンの特性を活かした適用例に焦点を合わせています。また、SCSの新しいハロゲンフリーのパリレンであるParyFree®についてレビューを行います。

コンフォーマルコーティングはこれまで数十年にわたって、最先端技術の各分野で、コンポーネントやアセンブリ、デバイスを動作環境から保護し、バリア保護と電気絶縁を提供し、潤滑性を高め、粒子を固定し、デリケートな構造を安定化させるために利用されてきました。

特定のコーティング特性だけを提供できるコンフォーマルコーティングは数多くありますが、多くのコーティングで問題となるのは、最新の先端技術向けに設計された高度に複雑化した小型装置を保護することができないという点です。パリレンは稠密で極薄、非反応性、透明なコーティングであり、これらの各分野固有の課題に対応します。単位厚さ当たり非常に有用な誘電特性とバリア特性、抜群の化学的不活性さを備えたピンホールフリーコーティングを実現します。

パリレンは、エレクトロニクス、航空宇宙、防衛、輸送機器、エネルギーといった幅広い市場でコンポーネントとデバイスを保護しています。パリレンコーティングは生体適合性であるため、ステントや重要な医療用エレクトロニクス製品、心臓用デバイス、神経刺激デバイスといった、インプラントも含めた無数の医療用デバイスに使用されています。

材料と用途の進歩に伴って、パリレンコーティングは、革新技術の信頼性を強化する役割を果たすものとしてますます広く使用されるようになっています。詳しくはwww.scscoatings.comをご覧ください。

スペシャルティ・コーティング・システムズについて
インディアナ州インディアナポリスに本社を置くSCSは、パリレンコンフォーマルコーティングのサービスとテクノロジーの世界的リーダーです。パリレンを最初に開発した会社の後継企業であるSCSは、45年以上にわたる実績と専門知識を有し、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア全域にわたるコーティング施設拠点を通じてお客さまに貢献しています。同社ではまた、スプレーコーティングやスピンコート、ディップコーティングシステムなどの業界トップの液体コーティングシステム、およびイオン汚染試験システムも提供しています。SCSについての詳細は、www.scscoatings.comをご覧ください。