グローバルニュースルーム

テクニカルライブラリ

SCS パリレンコーティング


SCS パリレン特性

パリレンはパラキシリレン系ポリマーと工程を意味する当社の登録商標です。 パリレン N、C、D、HTの電気的特性、バリア特性、機械的特性、温度特性、光学的特性、生体適合性、その他の特性について記載されています。

SCS 医療機器用コーティング

超薄膜・ピンホールフリーの SCS パリレンは FDA の生体適合物質として承認されており、冠状動脈ステントや心臓ペースメーカーの表面不活性化用などに理想的な材料として使われています。

SCS エレクトロニクスコーティング

エレクトロニクス部品はすべて、信頼性とトラブルフリーであることが求められ、このため複雑かつ正確、厳密な仕様を満たす必要があります。SCS パリレンコーティングは、エレクトロニクス部品の保護に最適な優れた特性を有しています。

SCS 自動車用コーティング

パリレンコンフォーマルコーティングは、今日の競争の激しい自動車市場の需要に応え、小型化・高信頼性・長寿命のエレクトロニクスパッケージ・部品を実現します。

SCS 航空宇宙用コーティング

航空機やミサイル、地上システム内の電子デバイスや、宇宙で動作する必要がある部品など、SCSパリレンコンフォーマルコーティングは、トラブルのない長寿命の高信頼性保護を提供します。

SCS LED コーティング

LED の長寿命と性能を維持するためには、厳しい条件下でも確実に作動するよう保護を行わなければなりません。SCS パリレンコンフォーマルコーティングは極薄かつ光学的に透明で、長寿命を保つのに必要な保護を提供します。

SCS 装置

パリレン蒸着装置 & 原材料

SCS 2010 LABCOTER® 2

パリレンの研究・応用・開発・試験用の SCS Labcoter® 2 パリレン蒸着システム (PDS 2010) は、信頼性と再現性の高いSCS パリレンコンフォーマルコーティングを行います。 ダウンロード

SCS パリレンダイマー

SCS パリレンダイマーはパリレン蒸着プロセスの化学的前駆体で、安定な白色粉末であり、高品質の材料です。SCSダイマーはスペシャルティ・コーティング・システムズ独自のcGMPガイドラインに基づいて製造されています。

スピンコート装置 & 付属品

SCS G3 スピンコートとマルチ・ディスペンス装置

SCS G3 スピンコートシリーズは、操作の正確さとプログラミングの柔軟性で、この分野の標準となっています。回転の正確さと再現性、加速・減速コントロールの精密さに優れています。 ダウンロード

6800 スピンコートシリーズ

SCS 6800 スピンコートシリーズは、R&Dや大学の研究室が効率的かつ効果的にコーティング適用を開発・改良できるよう設計されています。

SCS ホットプレート

SCSホットプレートは、研究室用の正確かつ均一な加熱表面を提供します。

ディップコート装置

P-3201 ディップコート装置

SCS P3201は、製造環境でプリント基板のコーティングを行うのに使用される精密ディップコート装置です。 ウレタン、エポキシ、シリコーン、アクリルのコーティングに使用され、またフォトレジストやはんだマスク材料にも利用されます。

PL-3201 ディップコート装置

SCS PL3201は、卓上でプリント基板のコーティングを行うのに使用されるコンパクトな精密ディップコート装置です。 このポータブル装置は、ウレタン、エポキシ、シリコーン、アクリルのコーティングに使用され、またフォトレジストやはんだマスク材料にも利用されます。

スプレー / ディスペンス / ポッティングシステム

SCS Precisioncoat:コンフォーマルコーティング

SCS Precisioncoatにより、幅広い自動化適用において、高信頼性の保護層が得られ、正確さと再現性、高スループットを実現するトータルシステムソリューションをお届けします。

SCS Precisioncoat:ディスペンス

SCS Precisioncoatは、用途に応じたプロセスに用いる幅広い種類の材料をディスペンスし、正確かつ高い再現性で、高スループットを実現します。

SCS Precisioncoat:ポッティング

SCS Precisioncoatは、衝撃や振動、水分、腐食に対する保護が重要なあらゆる場所で、精密かつ効率的なポッティング & カプセル化ソリューションを提供します。

SCS PrecisionCoat BT

SCS PrecisionCoat BTは、コーティングとディスペンスの作業の自動化や拡張をお考えの企業に、正確さと信頼性とフレキシビリティをお届けします。

SCS Precisioncure TC (熱硬化システム)

SCS Precision TCは、全硬化プロセスにわたって非常に効率的かつ均一な熱伝達を提供します。

SCS Precision UVC (UV 硬化システム)

SCS Precision UVCは、あらゆる製品ラインに適した、堅牢で信頼性の高いUV硬化特性を提供します。

イオン濃度測定装置

SCS Ionograph® シリーズ

SCS Ionograph® シリーズは、清浄度のイオン濃度測定をより速く正確にするため設計されたものです。 SCSでは、あらゆる研究機関やメーカーのニーズに対応できるよう、さまざまな処理量と機能をご用意しています。

SCS Omegameter SMD 650

SCS Omegameter SMD 650 は「静的テスト」手法を用いてイオン濃度測定を行う業界標準として長い間採用されており、プリント回路基板やアセンブリの清浄度試験を行うために設計されたものです。

技術文書


パリレン ― 一般

パリレンの耐溶媒性

さまざまな有機溶媒のパリレン N、C、Dに対する影響のレビュー。

パリレンプロセス品質の制御

この論文は、エレクトロニクス部品・アセンブリの保護にパリレン真空蒸着コンフォーマルコーティングを使用することに関する、品質の問題について特定・記述している。

パリレン ― 医療

プレフィルドシリンジの課題

この記事ではSCSが、不活性ポリマーコーティング製品群パリレンの適用と利点について、簡潔に記載しています。プレフィルドシリンジ分野においてパリレ ンは、効果的なバリア材料、かつ非常に潤滑性が高いコーティングという2つの目的を達成します。

消費用コーティング

体内に服用する医療用デバイスは、便利かつ非侵襲的な治療や診断、画像撮影手段を提供します。けれども、医療用デバイス内の鋭敏なエレクトロニクス部品を 保護するのは大きな課題となっています。この論文は、そのような保護を確実に提供するために用いられるコーティングテクノロジーを取り上げています。

医療用途における密着溶液の利点

エレクトロニクス装置が小さくなるにつれて、さまざまな使用環境における性能改善を求める装置パッケージング会社は、コンフォーマルコーティングの分野に 関心を示している。目的の基材表面にそのようなコーティングを密着させることは、コーティングの硬化において最も重要な特性のひとつである。

薬剤溶出テクノロジーにおけるパリレンコーティングの利用

薬剤溶出型ステントがますます成功を収めるようになっているが、実はあまり知られていないテクノロジーに大きく依存している。例えばパリレン®は、非常に幅広い用途に適用され得る。

真のコンフォーマルコーティング

多様な特性を持つ生体適合性ポリマーであるパリレンは、医療用コーティングに比類のない役割を担うことが実証されている。

パリレン― 医療機器用の先進ポリマー

信頼性と安全性に対する要求は常に医療機器設計の最前線にあり、侵襲性が最小限のマイクロ/ナノ装置の課題には、新たな今までとは異なるパッケージングソリューションが必要となる。

医療用エレクトロニクスの進歩を担うパリレンテクノロジーの新たな開発

さまざまな医療用エレクトロニクス部品・装置 (例えば網膜インプラント、インプラント可能な心臓除細動器、神経刺激パルス発生器、RFIDインプラント、装置、補聴器、経口摂取センサ/送信器、イン プラント可能な放射線線量計など) の生物安定性と保護、信頼性は、長期的な性能要件のため、ますます難しい問題になっている。

パリレン ― エレクトロニクス

ダウンホールとプラットフォームエレクトロニクスを保護する

石油会社は利益性を確保するためコスト削減を重視しなければなりません。原油探査、掘削、処理、原油・天然ガス送達に使用される数多くのエレクトロニクス製品は、きわめて苛酷な環境で稼働しています。

最近のウエハレベルパッケージの保護

消費者向けエレクトロニクス装置における小型軽量化の需要は、継続的なパッケージ小型化の必要性を促している。

複雑なSMDアセンブリの保護

一般的なコンフォーマルコーティングの多くは、デリケートで密なPCBアセンブリを、実際には保護するのではなく害を与えていることがある。パリレンは一 般的なコンフォーマルコーティングとは異なるプロセスで蒸着するため、電気/絶縁的、化学的、機械的な保護としてEMSプロバイダーに新たなオプションを もたらす。パリレンHTは小型アセンブリに有望である。

プリント回路基板のスズウィスカ成長を抑制するパリレン

RoHS指令準拠により、プリント回路基板やその他世界中のエレクトロニクスに使用されているスズ合金はんだには、鉛の代わりに純スズめっきが使用されて いる。スズの使用により、エレクトロニクスメーカーは安全な環境を提供できるようになり、規制準拠に適合しやすくなったが、スズウィスカと呼ばれる異常形 状の突出や樹枝状突起が形成され、プリント基板やデバイスの不良を起こすことが知られている。

パリレンの用途 ― 自動車

問題の解決策となるパリレン

ひとつの部品不良でもシステム全体の故障につながるため、OEMでは、パリレン (不活性でコンフォーマルなポリマーコーティング) などのコーティングに頼って、エレクトロニクス等の装置を保護し、保証コスト増加につながる故障を防いでいる。

自動車エレクトロニクスおよびその他の部品の信頼性と保護を強化する先進材料

製品の改善と安全性を求める傾向が強まる中、自動車業界で使用されるさまざまなエレクトロニクスコンポーネント (圧力センサや温度センサ、PCB、MEMS、燃料セルコンポーネントなど) の保護と信頼性は、これらが小型化・複雑化し、厳しい環境で自動車寿命にわたる性能を提供するようになる中、ますます必須のものとなっている。

パリレンの用途 ― 防衛/航空宇宙

航空宇宙・防衛用途においてパリレンコーティングがCOTSエレクトロニクスを保護する

財政的な事情から、防衛用途でのCOTSエレクトロニクス利用は増加し続けており、設計者はこれらを熱や水分、放射線から保護することを考えるべきであ る。難しいのは、非航空宇宙用に元々設計された装置を、エンクロージャの追加なしでいかに保護するか、という点である。

パリレンの用途 ― フェライト

パリレンコンフォーマルコーティングがコイル巻き付けプロセスに利点

小型のスピンドルやフェライト、小型ワイヤ巻き付けの電気モーター部品は、薄い真空蒸着コーティングの保護によって利益が得られる。

コンフォーマルコーティング ― 一般

無鉛ハンダの先進コーティングテクノロジー

さまざまなコンフォーマルコーティング材料が、スズウィスカによる破損を回避するのに役立ち得ることが示されている。コーティングはウィスカの成長を防ぐ ものではないが、一部のコーティングはその形成速度を遅らせ、または遅延させることが示されている。

コンフォーマルコーティングの代替

プリント回路および回路アセンブリのコンフォーマルコーティングはしばしば、湿気や化学物質、侵襲性の蒸気など、環境の懸念に対する保護が必要になる。こ のようなコーティングは、導体間の短絡事故によって起こり得る障害や回路破損も防ぐことができる。

イオン汚染測定技術

イオン測定の進歩

PCBの誕生以来、腐食や樹枝状突起の成長をもたらし得る残留イオン汚染の測定の必要性も存在し続けている。裸の回路基板であれ完成アセンブリであれ、汚 染により絶縁表面を伝って電流漏れが起こる可能性があり、これによって短絡が生じる。この論文は、加熱による動的イオン汚染測定装置とその利点を含め、イ オン清浄度測定の進歩について説明している。 ダウンロード

汚染測定に対する影響

Ionographは、高価かつ時間がかかり技術的に高度なクロマトグラフィーに比べ、イオン汚染の単純・迅速・正確な測定手段となるよう設計された。しかしながら装置の正確さは、イオン抽出溶液の条件に依存する。

過去のウェビナー


タイトル: 先進技術にさらなる信頼性を与えるパリレン®コンフォーマルコーティング

このウェビナーを通して、パリレン®コーティングがどのように適用されるか、パリレン®コーティングの特徴、また、生体適合性、生物学的安定性、優れたバリア性能、高い絶縁耐力、低い摩擦係数など、機器、部品に付与される価値についてご紹介させていただきました。

また、最新の密着技術の進化にも触れ、以前はコートするのが困難であった金属の研磨表面や各種ポリマーへの密着向上についてもご理解いただけたかと思います。

Parylene Conformal Coatings for the Oil & Gas Industry

Originally published by Oil & Gas Journal, this concise 30-minute webinar offers viewers an opportunity to learn more about how Parylene coatings are applied, their features, and the value they add to devices and components, including excellent chemical and moisture barrier properties, high dielectric strength per unit thickness, excellent thermal and UV stability, and low coefficient of friction. As materials and applications continue to advance and operating environments become more harsh, Parylene conformal coatings enhance the performance of oil and gas technologies.

SCSニュースレター


2018 Global Coverage (SCSニュースレター)

2018年冬

  • SCSプレジデント兼CEOが35周年を祝う
  • 厳しい環境でパリレンがUAVを保護
  • レガシーの継承:SCS Omegameter SMD 650
  • パリレンと自動運転車の未来
2017 Global Coverage (SCSニュースレター)

2017年春

  • Hans Bok氏とCraig Mattison氏がSCSで40周年を祝う
  • SCS Introduces the PrecisionCoat BT
  • パリレンが金属ウィスカの成長を阻害
  • パリレンが新たな医療テクノロジーに貢献
2016 Global Coverage (SCSニュースレター)

2016年夏

  • パリレンは最高
  • パリレンで空気をきれいに – パート3
  • パリレンと糖尿病管理

2016年冬

  • スペシャルティ・コーティング・システムズからの エキサイティングなお知らせ
  • パリレンで空気をきれいに – パート2
  • 体外神経刺激デバイスにおけるパリレンの利用
  • SCS Precisioncoatツールチェンジャー: 比類のない柔軟性を提供
2015 Global Coverage (SCSニュースレター)

2015年秋

  • 埋め込み神経刺激デバイスにおけるパリレンの利用
  • オンラインでSCSウェビナーをご覧ください
  • パリレンで空気をきれいに

2015年春

  • SCSがパリレン研修セミナーを開催
  • SCSが顧客の規制申請を支援
  • 新設計SCS Ionograph® システム
2014 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

2014年冬

  • 人工呼吸器関連肺炎と気管内チューブ
  • SCSとコネクト
  • パリレン101: 物理的特性と機械的特性

2014年夏

  • コンフォーマルコーティングの前に洗浄を行うメリット
  • SCS、日本語ウェブサイトをオープン
  • ジェットディスペンス: 離陸準備完了

Spring 2014

  • 拡張性性を高めた SCS Precisioncoat の新たな特徴
  • コスタリカとドイツでパリレン®に関するセミナーを開催します
  • 小惑星探査機「はやぶさ2」に採用されるパリレン®コーティング
2013 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Fall 2013

  • SCS は抗菌性パリレン®テクノロジー microRESIST® の販売を開始致しました
  • SCS はドイツで開催される ‘Designing Medical Devices’にて フォーラムを主催します
  • プレフィルドシリンジにパリレン® を使用する利点

2013年春

  • SCS「RISE」でグローバルな課題に対応
  • SCS、オンタリオ施設拡張工事を完了
  • SCS、AS9100C 認定取得を発表
2012 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Winter 2012

  • SCS Employees Celebrate 30+ Years
  • Happy Holidays From SCS
  • SCS Relocates Woking Coating Center

2012年夏

  • SCS、運営エクセレンスを強化
  • SCS、オースチンでテープカット
  • SCS、HEMSA パートナーシップを発表

Spring 2012

  • SCS Achieves AS9100 Revision C Certification
  • SCS Completes Amherst Site Remodel
  • SCS Parylene Coatings Prolong Diesel Engine Life
2011 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Winter 2011

  • SCS Expands Ontario Coating Center as Growth Continues
  • SCS Engineering Team Lays the Foundation
  • SCS Parylenes Meet Biocompatibility Standards

Fall 2011

  • SCS Expands U.S. Parylene Coating Service Operations
  • SCS Parylene C-UVF™ Fluoresces Under UV Light
  • SCS Introduces New Adhesion Promotion Technology – AdPro Poly®

Winter/Spring 2011

  • SCS Expands Indianapolis Cleanroom
  • SCS Precisioncoat Features New Potting Capabilities
  • The Future of Electronics
2010 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Summer 2010

  • SCS Opens New Coating Center in Mainland Europe
  • SCS Announces Fall Parylene Seminar Schedule
  • Parylene Facilitates Advances in Intraocular Implant Technology

Spring 2010

  • SCS Offers Spring European Seminars
  • SCS Completes Move to New ISO Certification Level
  • SCS Introduces the Precision Tri-Cure 2250 at IPC APEX Expo
2009 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Winter 2009

  • Japan Aerospace Exploration Agency Commends Parylene Japan
  • SCS and Tech Briefs Present Webinar on Conformal Coatings
  • New Technologies Emerge with Parylene Structures

Summer 2009

  • SCS Equipment Manufacturing Achieves ISO Certification
  • SCS to Present Webinar on Advances in Conformal Coatings
  • SCS Presents at IMAPS/SMTA Vendor’s Day and Expo

Spring 2009

  • One-Day Parylene Seminars to Be Presented in April
  • SCS Receives “Supplier of the Year” Award
  • SCS Raises Standard to ISO 9001:2008
2008 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Winter 2008

  • SCS Enhances Precisioncoat Features
  • SCS Offers Parylene Workshops in Germany
  • SCS Parylene Protects Hearing Assist Devices

Summer 2008

  • Berwind Corporation Acquires Specialty Coating Systems
  • SCS Singapore Grows Into New Location
  • Introducing AdPro Plus™

Spring 2008

  • Specialty Coating Systems Acquires Parylene Japan K.K.
  • SCS Expands Clear Lake Coating Center
  • SCS Unveils Precisioncoat RTV at APEX 2008
2006 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Spring 2006

  • SCS Opens Costa Rica Facility
  • SCS Introduces Precisioncoat Spray Coating Systems
  • Precision UVC Mates Seamlessly with Precisioncoat Systems
2005 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Spring 2005

  • SCS Parylene Increases Automotive Component Life
  • SCS Parylene HT Stabilizes Insect Samples
  • Back to Basics – A Parylene Review
2004 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Winter 2004

  • New PDS 2035CR Coater Fills Important Niche
  • Endometrial Ablation Tool Benefits from Parylene Properties
  • Steps to Quality Control in Parylene Operations

Fall 2004

  • SCS Expands into Shanghai, China
  • SCS Embraces Six Sigma Culture
  • New G3P Spincoat Software Improves Productivity

Spring 2004

  • SCS Cleanroom Changes the Parylene Coating Paradigm
  • SCS Ionograph Test Module Introduced
  • Parylene Update – Medical Coating Applications
2003 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Winter 2003

  • SCS Committed to Parylene Technology Advancement
  • SCS Offers Contamination Test Services

Fall 2003

  • Parylene Coating Offers Moisture Barrier Potential for LEDs
  • SCS Continues International Expansion
  • Parylene Hits Prime Time TV

Spring 2003

  • Ferrite Core Manufacturer Coats with Parylene
  • Woking Coating Center Opens
2002 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Winter 2002

  • Parylene Preserves Fragile Flag
  • SCS Designs New Spin Coat Systems
  • SCS Completes ISO Certification Audits of Coating Center

Fall 2002

  • Mars Orbital Camera Image Count Passes 100,000
  • SCS Parylene Conservation to be Highlighted in Learning Channel Special

Spring 2002

  • SCS Marks Newsletter’s 12th Year
  • Coating Centers are ISO Certified
  • Parylene – A Historical Review
2001 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Winter 2001

  • Ruggedized Computers Protected by Parylene
  • Selective Coating Equipment Moved to Speedline CAMALOT
  • Repair and Recoating of Parylene-Coated Circuits

Fall 2001

  • Parylene Protects Satellite Thruster Control Electronics
  • SCS Completes New Biocompatibilty Tests
  • New Programmable Deposition System

Summer 2001

  • SCS Selects Business Partner in China
  • SCS Quantifies Parylene Sterilization Performance
  • Parylene Temperature Performance

Spring 2001

  • Parylene Benefits Microscopic Machines
  • AMC Chooses Parylene for Medical Implant
  • SCS Relocating to New Headquarters
2000 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Winter 2000

  • Union Switch Cuts Coating Costs
  • SCS Receives Medtronic Recognition
  • Compact Cure System

Fall 2000

  • Parylene Selected for Alternative Fuel System
  • SCS’s Humphrey Explores Anthropology Application
  • SCS Coating Center QS Certified

Summer 2000

  • Selective Coating Improves Bose Production
  • SCS Paper to be Presented at St. Petersburg Conference
  • Parylene Japan K.K. Celebrates 10 Years

Spring 2000

  • Tenth Anniversary Issue
  • Speedline Offers Integrated Manufacturing Capabilities
  • SPIDA Helps Panasonic Refine Processes
1999 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Winter 1999

  • Titanic Surfaces Again at SCS
  • New Thermal Cure Unit Supports Selective Coating
  • Tumble Coat Advancement

Fall 1999

  • Parylene Supports Deep Space Propulsion Test
  • Spin Coating Basics – Common Defects
  • Increasing Selective Coating Throughput

Summer 1999

  • Spin Coating Basics
  • Parylene Races Ahead!
  • Big Dipper/Little Dipper

Spring 1999

  • Teamwork Drives Fast Production Upgrade
  • SCS Coats Two-Sides at NEPCON West
  • UV Ovens Cure Textured Films
1998 GLOBAL COVERAGE (SCSニュースレター)

Fall 1998

  • Parylene Supports the International Space Station
  • Labcoter®2 Portable Parylene Coating System
  • SCS europe Unified With New Name

Summer 1998

  • Parylene Goes Airborne
  • Instruments Group Joins SCS


Parylene C Dimer

Parylene C Dimer (Europe)

Parylene N Dimer

Parylene D Dimer

A-174 (Europe)

Standardizing Solution No. 3